javascript:(function() { document.title = "YuichirouのJavaScriptメモ"; })(); このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006年9月28日

すごくがんばった翻訳 22:06 すごくがんばった翻訳 - javascript:(function() { document.title = "YuichirouのJavaScriptメモ"; })(); を含むブックマーク はてなブックマーク - すごくがんばった翻訳 - javascript:(function() { document.title = "YuichirouのJavaScriptメモ"; })(); すごくがんばった翻訳 - javascript:(function() { document.title = "YuichirouのJavaScriptメモ"; })(); のブックマークコメント

Document Object Model (DOM) Level 3 Core SpecificationのcreateElementの項目を読みながらkeyword:createElementを書いていたら、"canonical form"という言葉にぶち当たりました。

"canonical"をググると一番にCanonicalの訳し方というページがあって、それによると

  • "canonical"の原義は「キリスト教教会法(教会の戒律)に基づく」
  • 正規(な)」と訳すと無難だが、これは"normal"の訳として広く知られており、実は全く違う言葉を同じ訳にするのはまずい。
    • ex) "normal form"=「正規形」、"normalize"=「正規化」

で、最終的にその人は「キャノニカル」としたそうです。


しかし私は諦めず、検索結果の下のほうを見てみました。

すると、"canonical"は物理学などの世界では「正準(な)」という一種の造語で訳されていることが判明。漢字意味合いもピッタリだったので早速コレを採用し、「正準(canonical)な形」としました。

物理学などでは割とポピュラーな訳し方のようなので、ぜひウェブの世界でも"canonical"=「正準(な)」という訳を使ってみるといいと思いました。

ゲスト



トラックバック - http://javascript.g.hatena.ne.jp/Yuichirou/20060928