CX's JavaScript Diary

2015-06-21HTA で WebGL を使う方法(その4) このエントリーを含むブックマーク

lightgl.js

HTA で WebGL を使うシリーズ第4弾です。

今回は、前回のサンプルコードをライブラリを用いてダイエット(HTML のコード込みで100行→30行)させてみました。

WebGL ライブラリとしては lightgl.js を用いています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Hello, WebGL World!</title>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
</head>
<body>
<script src="lightgl.js"></script>
<script>
var gl = GL.create();

gl.ondraw = function() {
    gl.clear(gl.COLOR_BUFFER_BIT);
    gl.begin(gl.TRIANGLES);
    gl.color(1.0, 0.0, 0.0); gl.vertex( 0.0, 1.0, 0.0);
    gl.color(0.0, 1.0, 0.0); gl.vertex( 1.0, 0.0, 0.0);
    gl.color(0.0, 0.0, 1.0); gl.vertex(-1.0, 0.0, 0.0);
    gl.end();
};

gl.clearColor(1.0, 1.0, 1.0, 1.0);
gl.translate(0, 0, -3);
gl.fullscreen();
</script>
</body>
</html>