Hatena::Groupjavascript

JavaScriptで遊ぶよ

 | 

2010-06-02

「Firefox 4 の Indexed Database API を先取り紹介」

00:20

訳した。自分の記事にもリンクを貼った。恐縮です。

訳し終わってから Indexed Database API の新しいドラフトが出た。


いくつか

  • Indexed DB では、単純な操作ではトランザクションを明示的に開かなくてもいい。2つ以上のオブジェクトストアをまたがるような操作の場合はトランザクションを明示的に開く。
  • 「例 4」の、自分で JOIN をでっちあげるというやつは、確かにちょっと面倒。
    • JOIN は最初の仕様にはあったけど、色んな JOIN の形式を考えると、API セットが膨大になってしまうので省かれたらしい
  • 検索のことが書いてないので捕捉。
    • まずインデックスを作り、createIndex(インデックスの名前, インデックス対象のオブジェクトストアの名前, インデックスするキー, ユニークかどうか)
    • Range を作り、range = new IDBKeyRange.bound('fooA', 'fooZ')
    • インデックスに対して openCursor する。cursor = index.openCursor(range)
      • 右一致検索と左一致検索はできるけど、中間一致検索はできない。まあ当然か。

他にもまだまだいっぱい機能がある。

深いオブジェクトを put できるのだろうか? さらっと読んだけどよくわからない。

トラックバック - http://javascript.g.hatena.ne.jp/edvakf/20100602
 |