Ten.Logger

Ten.Logger

Tenのクラスの1つ。クロスブラウザなログ取りを実現。

Firefox(with/without Firebug), Opera, Safari, fub*1に対応。その他のブラウザでもHTML要素に吐き出させたりできます。

コンストラクタ

new Ten.Logger(level, fallbackElement)

ロガーオブジェクトを生成します。使い方は後述。

level
出力させたいログの範囲。'error', 'warn', 'info', 'debug'のいずれかを指定する。この順にレベルが高く、例えば 'info' と指定するとレベルの低い debug は出力されません。デフォルトは 'info'。
fallbackElement
ログ表示のための外部関数が見つからない場合、ここで指定した要素にテキストノードとしてログを出力します。brで区切るためpre要素は不向き。デフォルトはなし。

メソッド

loggger.error(args)
レベル error でログに出力します。常に出力されます。
loggger.warn(args)
レベル warn でログに出力します。ただしコンストラクタの第1引数に 'error' が指定してあると出力されません。
loggger.info(args)
レベル info でログに出力します。ただしコンストラクタの第1引数に 'warn' 以上が指定してあると出力されません。
loggger.debug(args)
レベル debug でログに出力します。ただしコンストラクタの第1引数に 'info' 以上が指定してあると出力されません。

*1:某はてなスタッフ愛用のIEコンポーネントブラウザ