Ten.Style

Ten.Style

Tenのクラスの1つ。ウィンドウサイズや特定要素の位置などがわかります。

クラスメソッド

Ten.Style.applyStyle(elem, style)
要素 elem に style で列記したCSS設定を適用します。style は「プロパティ名-値」のハッシュとして記述したオブジェクトを指定します。戻り値として、実行すると適用した設定を元に戻す関数オブジェクトが得られます。
Ten.Style.getGlobalRule(selector)
selector のCSSセレクタに適用されるルールを表す CSSRule オブジェクトが得られます。同じセレクタに対するルールが複数ある場合、一番最後のルールのみ得られます。
Ten.Style.getGlobalStyle(selector, prop)
selector のCSSセレクタに適用されるルールで指定されたプロパティ prop の値が得られます。prop の値はCSSでのプロパティ名(例:border-left-width, float)ではなく、JavaScriptでの表記(例:borderLeftWidth, cssFloat)を文字列で指定します。
Ten.Style.getElementStyle(elem, prop)
要素 elem に対するCSSプロパティ prop の算出値 (Computed Value) が得られます。
Ten.Style.scrapeURL(url)
CSSの設定値 url から(background-imageプロパティなどで使われる)URL指定を抜き出し、指定されたURLを返します。

特定のセレクタでの設定値を活用する

var elem = document.createElement('img');

var sel = '.hatena-star-add-button-image';
var prop = Ten.Style.getGlobalStyle(sel, 'backgroundImage');
if (prop) {
  elem.src = Ten.Style.scrapeURL(prop);
} else {
  elem.src = defaultSrc;
}