バリケンのJavaScript日記 RSSフィード

2006-10-21

[] Core JavaScript 1.5 Guide 日本語版を読む(2)  Core JavaScript 1.5 Guide 日本語版を読む(2) - バリケンのJavaScript日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Core JavaScript 1.5 Guide 日本語版を読む(2) - バリケンのJavaScript日記  Core JavaScript 1.5 Guide 日本語版を読む(2) - バリケンのJavaScript日記 のブックマークコメント

きょうはCore JavaScript 1.5 Guide 日本語版「第3章 コア言語の機能」を読んでいくよ。

きょうも気になったところをメモしていくことにするよ。

JavaScriptには、次の5種類の値の型(データ型)があるんだって。

JavaScriptでは、整数と実数の区別がないみたいだよ。あと、日付を表すデータ型もないんだって。たとえば日付を扱うには、Dateオブジェクトとそのメソッドを使えばいいみたいだよ。

今のところの疑問:

データ型の変換

JavaScriptは動的型付けだから、変数宣言のときにデータ型を指定しなくていいし、あとから違う型の値を代入することができるよ。

>cscript ijs.js
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.6
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

js> var answer = 42;

js> answer
42
js> answer = "Thanks for all the fish...";
Thanks for all the fish...
js> ^C
>

あとちょっと面白いのが、「+」は数値を文字列に変換するみたいだよ。

>cscript ijs.js
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.6
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

js> x = "The answer is " + 42;
The answer is 42
js> y = 42 + " is the answer";
42 is the answer
js> ^C
>

他の演算子は、数値を文字列に変換しないみたいだよ。

>cscript ijs.js
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.6
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

js> "37" - 7
30
js> "37" + 7
377
js> "37" + 7 - 7
370
js> ^C
>

とりあえず今日はここまで。

[] Arrayオブジェクトreverseメソッド、joinメソッド  Arrayオブジェクトのreverseメソッド、joinメソッド - バリケンのJavaScript日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Arrayオブジェクトのreverseメソッド、joinメソッド - バリケンのJavaScript日記  Arrayオブジェクトのreverseメソッド、joinメソッド - バリケンのJavaScript日記 のブックマークコメント

404 Blog Not Found:javascript - Interpolatorで変数展開で、本文とは全然関係ない一番最後のところが気になったよ。

>cscript ijs.js
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.6
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

js> ['Javascripter', 'the', 'Dan'].reverse().join(' ');
Dan the Javascripter
js> ^C
>

へえ、これだけ見ると、なんだかRubyそっくりだね。Core JavaScript 1.5 Guide 日本語版「第8章 オブジェクトの使用」 Array のメソッドのところに説明があるみたいだよ。

うーん、まだまだ先は長いなあ。

トラックバック - http://javascript.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20061021